またしても、ルリビタキ!

昨日は一日中雨でした。
暖かな春の雨と言う風情でしたが、ちょいと降り方が強かったですね。
で、部屋でゴロゴロしながら、M田さんに拝借した剣豪小説を読んでおりました。

で、諸兄も機材には関心が高いのでしょうか、昨日の三脚を改造していただいた記事には普段よりアクセスが多かったです・・・(^^;;
ヒマでしたので、手持ちの雲台で遊んでみました。
ゴーヨンを乗せてもカウンターバランスが利くかどうか試して見ました。

遺憾ながらベンロのS6はスコンとお辞儀をしてしまいます。
自重が 1.6Kgと一番軽くて、カウンターバランスがなんとか利くのはマンフロットの501HDVでした。
次が同じくマンフロットの503HDVですが、こちらは重量が1.95Kgなので、ザハトラーの6より50g軽いだけですね。
が、501HDVも503HDVも両方ともねじ込み式なので、やっぱりザハトラーの6で決まりです・・・d( ̄  ̄)
で、今日は、これから使い勝手を試しに行こうと思うのですが・・・やっぱ、散々撮ったルリ君かな・・・_(_"_;)_バタッ

平凡なルリ君のお写真が、山の様にありますので、少し見てやってください・・・<(_ _)>スマン
寒いのと、マッタリと寛いでいますので、ふっくらとしていますね!
d0344899_2132843.jpg


d0344899_2134970.jpg


いままで、気付かなかったのですが、この倒木にもキノコがついていますね。
数年で、スカスカになって、土に還ると思います。
d0344899_21352418.jpg


d0344899_21343083.jpg


[PR]
by 4416_yumeoibito | 2016-03-08 06:15 | Comments(12)
Commented by yu_ado at 2016-03-08 08:15
おはようございます^_^

みなさん、写真をされる方は、多分、yumeoibitoさんの記事を見て、おっ!おぉー!と思われたのではないでしょうか。
たまのカメラ愛好家の私でさえ、悩むところですから。^_^;

土に還る倒木のルリちゃん、和んでますね〜!
Commented by mitiko-aran at 2016-03-08 09:41
oyumeoibitoさん
おはようございます
雨の日も小説を読んだり、機材での試しをしたり
雨の日も楽しいですね
朽ち倒れた木に、キノコが沢山、付いて居ますが
枯れた様ですね、
朽ちた木の先に止まる、ルリ君、美しい姿ですね
この画像こそ!チルチル、ミチルの青い鳥に間違いないわ
大撮りの一枚目、男前なのに、正面顔って!
悪戯小僧に見えて、、笑ってしまったわ
Commented by true-clear at 2016-03-08 10:05
おはようございます。
ルリビタキ、今季2回見ましたけど、撮れなかったです。(;_;)/~~~
で、娘がロフトで見つけたと言って、「幸せを呼ぶ青い鳥ルリビタキ」、と言うチョコを買って来てくれました。(笑)
カワラヒワとスズメのチュー、凄い所を撮られましたね~、あれにはビックリ、座布団10枚でも足りないぐらい凄いと思いました。
うちのダンナが仕事をもらっている建設会社が、これから土木工事に入ろうと思ってた場所に、絶滅危惧種の鳥が巣を作りだしたのか、
何をし始めたのか分かりませんが、その鳥を守る為に、鳥が無事何かを終えるまで、土木工事が中断されました。
場所も鳥の名前も絶対に教えてもらえませんが、その鳥が無事に何かを終える事が出来ると良いなぁ、って思っています。
でも、何という鳥が何をしているのか、凄く気になって仕方ありませんけど。(^▽^;)
ありがとうございました。
Commented by itohnori2 at 2016-03-08 13:58
yumeoibitoさん、こんにちは。
 今日も二匹目の泥鰌狙って水場に行っていましたので、出遅れました。
結局泥鰌は出ず、撃沈しました。
暖か過ぎるのでしょうか?
こんな日は野鳥が出ない様な気がしますが、…。

 色の綺麗なルリビタキが未だ見られるのは良いですね。
頭から肩にかけて細かい羽毛が精細に写っていて流石と思います。
朽ちかけた木にキノコ、そしてそれに止まるルリビタキの画が風情がありますね。
 こちらではここのところ見られなくなりました。
暖かいので上の方に移動してしまったのでしょうか。
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-08 15:32
yu_ado さん、こんにちは!
はい、あの三脚は機材に関心のある人はちょっと驚いたかも知れませんね。

ここは両脇の丘の表土が薄いので、ちょっとした雪や風で大きな木が
良く倒れます。
この木も、たしか3年前に倒れたのですが、もう朽ち木になってしまいました。
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-08 15:36
mitiko-aran さん、こんにちは!
私はもともと家にいるのが大好きで、デブ症の最たるモノ・・・
ちょっとした、引き籠もり人間なんです(笑)
なので、家の中で何かすることはたくさんあります。
まどからスズメを撮ったり、雲台の重さを比べたり、居眠りをしたり・・・(^^;;
野鳥の正面顔は、なんか滑稽な感じがしますね。
目が、飛び出ているんですよねぇ・・・(゚゚;)オオッ
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-08 15:43
true-clea さん、こんにちは!
2回見られたのなら、来季はバッチリですね。
ルリビタキは、あまり人を気にしない方なので、ゆっくり近づけば
きっと撮らせてくれると思います。

カワラヒワとスズメのチューは、ホントにちゅーなのか・・・(^^;;
ま、そう言うことにしてありますが・・・

絶滅危惧種の巣作りで、工事が中断とは・・・
巣作りだと、雛が巣立つまでには相当な日数がかかりますね。
ヘタすると5月一杯くらい・・・

この時期は、まだ夏鳥が渡って来ていませんので、巣を懸けたのは
留鳥ですね・・・d( ̄  ̄)
で、絶滅危惧種で、工事が中止になる野鳥と言うと、ほぼ間違いなく
オオタカだと推察されます。
巣や雛を盗る人がいるので、秘密にされることが多いです。
家の近所の公園でも、時々巣を作ることがあって、カメラマンが
大勢押しかけたりします。
なので、盗られないで無事に巣立つことが多いです(笑)
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-08 15:48
itohnori さん、こんにちは!
今日は出ませんでしたか。
こちらでは、雨の次の日は出が悪いと言う事はあります。
でも、そちらは、昨日も雨は降らなかったのですね。
こちらは、回数は少なかったですが、一通り出てくれました。
が、やっぱり、天気が崩れる前の方が出が良いです。

今日は、こちらも暖かいので、ルリビタキも抜けたかと
思いましたが、まだいてくれました。
でも、普通は一度出ると、30分間隔くらいで出てくれるのですが
今日は、一度出たきりで、2時間待ちましたが、姿を見せてくれませんでした。
確実に、抜ける日が近づいています。
そろそろ御地へプチ遠征しないと、なにも撮れない季節になりかかっています・・・ε-(o´_`o)ハァ・・
Commented by rui-studio2 at 2016-03-08 19:08
こんばんは~
3日ほど前にパソが又おかしくなり、電源がつくものの、
それまでと言う状態でした。
電気屋に持っていき、試しにスイッチを入れるとゆっくりではあるけど、
開いて、ブログも見ることが出来ました。これは1カ月前にもこのような状態になったので
詳しく調べて原因を探るそうです。それでブログが開けたものですから
ブログの移転方法を尋ねてやっと貼り付けることが出来ました。
新しい方にログインしていると旧ブログには繋がらないということで、
旧ブログにログインしなおし、移転の知らせを載せたうえログアウトして、
改めて新しいブログにログインと言うことでした。
やったことがないことをやるのは難しいです。
全部消えちゃったらづしよう?とか、余計な心配をして、出来ませんでしたが、
何とか復活。今迄通りに見えますでしょうか?
これからもよろしくお願いします。水戸も今日と来週で一日のお泊まりが終わりになります。
毎回自家用車に荷物を詰め込んで、くたびれました。
25日にレンタカーを借りて大きな荷物を我孫子に運んでおしまいになります。
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-08 20:37
rui-studio2 さん、こんばんは!
はい、いまは普通に拝見することが出来ます。
PCの不調は、知識がないとまったく分かりませんね。
アタクシも分かりませんので、不調になる度に買い換えてしまいます・・・(^^;;
引っ越しも大変ですね。
2軒分を1軒に集約するのは、余程大変だと思います。
新たに1軒増える場合は、広くなるので簡単ですが、狭くなるのは大変でしょうね。
こちらも、また、ぼちぼちとやっていきますので、よろしくお願いします・・・<(_ _)>
Commented by hiro3523000 at 2016-03-08 22:58
こんばんは。
雲台受けまで手作りしてしまうのですか\(◎o◎)/
振れ止めもそうですがFさんって凄い方ですね!
この様なお友達のご協力があってyumeoibitoさんの作品が生まれているのですね。
勿論腕が無ければこの様な作品を撮る事はできません。

今年の当地は小鳥がサッパリでして最近は海鳥ばかり撮っております。
退屈な画が続いておりますが暫しお付き合い願います<(_ _)>
Commented by 4416_yumeoibito at 2016-03-09 06:56
hiro3523000 さん、おはようございます!
はい、ホンモノの職人さんですので、ご自身用には雲台まで自作されています。
50年以上のキャリアがありますので、それはそれは見事な出来映えです。
遅いシャッターを余儀なくされる状況では、振れ止めがないとぶれてしまいますね。
とても有り難いと思っています。

海鳥、拝見していますが、海無し県なので、その貴重さが理解出来ておりません。
失礼があってはいけませんので、コメは入れないようにしています。
凄い数だなぁとか、そんなレベルでビックリしています(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 裏庭にて! 三脚と雲台 >>